HOME > おすすめ本:カテゴリー検索(詩)  /  50音検索(タ行) >  辻仁成
おすすめ本:カテゴリー検索
おすすめ本:著者50音検索
書籍年間売上ランキング
今週のおすすめの一冊
おすすめ読書グッズ
文学賞の紹介
リンク

辻仁成

愛をください

P.15
あなたはこう言いましたね。死に憧れるのは、愛を信じているのと同じだ、と。

P.169
苦しみが現実にはこの世に存在しないものだと想像してみてごらん。そうすればいつしかあなたの中から苦しみは消え去って、全てが喜びに変るはずだから。

P.203
考えるに、信仰心のある人もない人にも、きっと生き物全てに神や仏やそれ以上の存在から、同等に差し伸べられえている手があるように思う。それに気がついて、それをつかむかどうかはそれぞれの自由ということになるんだけれど、本当のところで人間には不平等はないように思うよ。 平均寿命が二十五歳の人たちの世界でも僕は幸福というものが確かにあると信じたい。平均寿命が八十歳の世界にも不幸がちゃんと存在するように。

P.204
僕はね、あらゆることに卑屈にだけはならない、と決めてるんだ。そういう時に、尊い存在を感じることができる。それが僕にとっての祈りだと思う。いつも何に向かって祈っているのかわからないけれど、祈りとは拝むことではないように思うな。祈りとは、あるがままを受け入れ、それを呼吸のように吐き出すこと。世界にひたって、この人生に感謝することだと思う。苦しいことも嬉しいこともどちらも人生にとっては大事なことだと、最近気がついた。
おすすめ本詳細ページへ
P.46  女のこについての23行

本当に好きな女の人とだけキスをしたい
これは大人になると
随分むずかしくなるんだ
当たり前のことのようだけど
少し違うらしい
女のこはハーモニカが好きなんだよ
プレゼントするとすぐに吹きたがるだろ
あれは音をだしてみたいんだな
自分が吹いてどんな音がでるか試したいのさ
男のこはちょっと違う
もしもそのこがハーモニカが好きなら まず眺めてみる
あまり興味がなければ
きっと吹いたりはしないさ
でも女のこって奴はまず吹くんだ
ところかまわず恥じらいもせずにね
そのくせ
自分のだした音がおかしいもんだから まるで人ごとのように
やだわ、なんて言っちゃう
僕は
ハーモニカを吹きつづけた女のこをまだ知らない

P.76  会ってみたら普通の人だったりする

おかしなもので、会ってみたら普通の人だったりする
なあんだ、ただの人じゃないかと思ってしまう
あんなに待ちわびたのが嘘のように
自分の中でさめていくのがわかる
おかしなもので、別れてみたら普通の人だったりする
あんなに苦しかったのが嘘のように 急速に気持ちが遠のいていくのがわかる
おかしなもので、頼ってみたら普通の人だったりする
あんなに尊敬してたのが嘘のように
突然幼稚にかんじられるのがわかる
おかしなもので、競ってみたら普通の人だったりする
あんなに恐れていたのが嘘のように
問題にもならないことがわかる おかしなもので、意外と僕は凄かったりする
あんなに自信がなかったのが嘘のように
ある時僕は見ず知らずのひと達に恐れられたりする
昔僕のペンフレンドはとても会いたがらない人で
会おうと思えば会える距離に住んでいたのに
何度も約束をすっぽかされた
次の手紙で謝ってはきたが
いま思えば最初から会う気はなかったのだろう
会えなかったから
会わなかったから
彼女はまだ僕のなかで生きている
おすすめ本詳細ページへ

新潮文庫

辻仁成

P.136
世界は所詮この地球の中のことだと悟った時、宇宙の果ても、存在の果ても、次元の果ても、時間の果てまでも、自分の手中にあるのを知った。出掛けた花井も、死んだ父も、みんな自分の手中にある。地球儀を回し、それを強引に押さえては止めては、そこに丸い星の輪郭が浮かんで、これが全てだと理解した。つまり宇宙とはこの砂州の中の出来事と全く相似なのだった。

P.139
何かを語れば、それが彼女の未来を決定してしまう引き金になるような気がして怖かった。希望も絶望も全て海峡の光の中にあると思った。
おすすめ本詳細ページへ

ニュートンの林檎

集英社文庫

辻仁成

上 P.181 第二部 (佐伯林造)
「スタートだ。肝心なのはスタートすること。どうスタートするかが問題なんではない。どこへスタートするかも問題じゃない。いつスタートするかが問題なんだろ。どうやら君は今がスタートすべき時のようじゃないか。君はいつも何かをまっている目をしている。何かいいことないのかな、誰か僕を誘ってくれないかな、とね。でもそれは違うだろうな。こちらから出掛けて行かなければ」

下 P.169 第三部
人は運命という言葉を発見したばっかりに、逆に運命から脱出できなくなってしまった。言葉にした途端、それは避けることのできないカルマとなって、その言葉を口にした者たちを全て、永劫に支配してしまうというのに。

下 P.187 第三部 (元子)
「自由というものが本当はとても不自由なもので、不自由なことこそが、本当は限りない自由を含んでいることを私は勉強した。それだけが唯一外の世界で学んだことだった」

下 P.188 第三部 (佐伯林造)
「この歳になるとな、元子。あらゆることを許せるようになるんだ。不思議なものだ。年齢というものを呪ったのは若い頃だけさ。……今は違う、失った若さ以上の許しを頂いた。あらゆるものから私は許しを頂いて今日まで生きてきたことに気がついた。例えば、朝に見つめた蟻や、昼に殺した蚊、それに夜に食べた小魚なんかからね。……人を本当に許せる時、私たちは生の意味を知るようになる。……九十一歳まで生きなければ、私はそのことに気がつかなかったかもしれない。歩けなくなり、言葉がうまく話せなくなり、あまり物を食べられなくなったからこそ、私はその限定された人生の中で、はじめて生を見た。狭めれた世界にぎりぎり立っていることは、つまりそこが裾野の裾野だということなんだ。この身動きの取れない私こそが、世界の中心に据えられた点だということが分かってきて、次第に私は多くのことを許せるようになった。許せば本当に宇宙が眼前に広く横たわっていることが分かるものだ」

下 P.260 第四部 (ホームレスの男)
記憶は失われていくものだと人は信じているようだが、決して失われることはない。ただ薄れて、奥の方にしまわれてしまうだけなんだね。何千年も経って次々に発見される歴史的な遺品のようなものさ。皆もう必要ないと記憶のほとんどを頭の押入れの奥底に追いやってしまう。だから忘れたような気がするだけなんだ。頭の中ってね意外と広いものなんだよ。記憶は無くならないというのが私の持論さ。
(省略)
……いつかは会えると信じている。今日まで会えなかったのにはわけがあるのさ。……君が今までの人生で本当に出会った人間だと思える人なら絶対また出会えるはずなんだ。人間の一生が一つしかないということはそういうことなんだよ。……私がここで大勢の行き交う人々を見ているのは、会わない人たちがこんなに沢山いるということを確認するためだ。

おすすめ本詳細ページへ
P.44 
人間は全てを記憶しておくことはできないが、肝心なことは絶対に忘れない、とぼくは信じている。あおいがあの夜のことをすっかり忘れてしまったとは思いたくない。もう二度と彼女とは会うことはない、としてもだ。

P.51
「未来はいつだって先が見えないからいらいらするもの。でも焦ってはだめ、未来は見えないけれど過去とは違って必ずやって来るものだから」
おすすめ本詳細ページへ