HOME > おすすめ本:カテゴリー検索(漫画)  /  50音検索(ナ行) >  能條純一、月下の棋士の名言
おすすめ本:カテゴリー検索
おすすめ本:著者50音検索
書籍年間売上ランキング
今週のおすすめの一冊
おすすめ読書グッズ
文学賞の紹介
リンク

月下の棋士の名言

月下の棋士

小学館文庫

月下の棋士

一巻 初手 : 御神三吉
将介、プロになったら、
これだけは肝に銘じておけ・・・・・・
将棋は負けたら終わりじゃ!!
将棋に限って、負けて得るものなど
なにもありゃしねぇ!
勝って勝って勝ち続けるんじゃ!!
それが、強くなる唯一の道よ・・・・・・

六巻 第五十八手 負傷 : 氷室将介
定跡などねぇ!!
将棋はよ、自分の力でつくるんだよ!!

六巻 第六十手 血判 : 氷室将介
じっちゃん、
オレは
世界一の
将棋指しになる
・・・・・・・・・・・・・・・・!!

十巻 第百二手 底知れぬ読み : 御神三吉
……将介、
勝負はな、どれだけ将棋の駒に
好かれているかで、決まるんじゃ、
いつどんな時でも
高知の海を忘れるな……
うれしかったら笑え!!
……悲しかったら
おもいっきり泣け!!
決して盤の前で
気取るでないぞ……!!
とことん、将棋に愛される
男になるんじゃ!!

十巻 第百四手 生命線 : 滝川幸次
日本将棋界で最も強い人……それが…
名人…
私は…5年 いや10年…
いや20年… いや30年…
名人として君臨したい…!!
そのために…私は負けることを許されない…!!

…40年
……50年
……いや60年…

私は運命を
…切り開く……!!
70年……100歳まで
私は……名人
……いや101歳
………102歳…
……103歳……104歳
………105歳………
生きている限り
…私は名人…!!

十四巻 第百四十三手 時代 : 氷室将介
将棋に限って負けて得るものなどなにもねえ…!!
これがじっちゃんの口グセだったな…!!
…じっちゃん!!
オレはこの前滝川と対局して負けた……!!
誰かが言ってたっけな、将棋に勝って勝負に負けたってな、
でも、負けは負けだ!!

…じっちゃん、
滝川は確かに強え…でもな、
でも、そン時オレは負けてひとつだけ得るものがあったぜ!!
じっちゃん…知りてぇか!?その得たもんがなんだかよ…!!

……負けてよ……
滝川の奴と前よりもずーーーっと…
勝負がしたくなった!!
今度やったらまけねぇ!!

もう二度と負けねえ!!
そう心に決めたことだよ…………!!

二十巻 第二百十二手 一番の男 : 氷室将介
人間に順番なんてねぇよ……!!てめぇが二番と思った時点でてめぇ自身に負けた…
一生地べたを這いずり回る蛇になりさがったってわけだ!!かわそうな奴よ……!!

二十二巻 第二百三十二手 遺言 : 御神三吉
将介、よぉく聞け!!
これがわしの最後の言葉じゃ!!
将棋を愛せ!!
自分に克て!!
将介、負けるな、
何があっても負けるな、
将棋は決して
おまえを裏切らん!!
死んでもいい…
将棋を愛し続けろ!!
…生きてる限り
将棋を愛し続けろ!!
将介…それが……
将棋ぞ!!

二十二巻 第二百三十六手 我 : 立原真由美
……人は、
生まれて死ぬまで、
何人の人間と知り合うのだろう
………!!
仮に私が70歳まで生きたとして、
何人の男と知り合えるのだろう
………
その中で何人の男に好感を持ち、
何人の男に好意を抱くのだろう…
そして何人の男に心ひかれ、
何人の男と愛し合うことができるのだろう。
ひとりかもしれない、
いや5人かもしれない……
ひょっとして
…10人……!!
その10人の中に…
同じ歓びと
同じ悲しみを
分かち合える男は何人いるだろう
………
私が分かち合いたいと願う男は何人いるのだろう
………!!
やはり、
ひとりかも
…しれない!!

二十三巻 第二百四十五手 毒気 : かおり
きっと人間って二種類しか存在しないのよ………

舞台にあがる人
…それを見ている人、

熱狂させる人
…させられる人、

"時代"を創る人
その中で…生きる人……

二十五巻 第二百六十九手 朝 : 氷室将介
仲直りしようぜ。
仲直りだ……
仲直りしよう………!!
やっぱりよ、てめぇらが一番好きだ!!
……今日こそ仲直りしようぜ…………
今日こそだ!!

二十六巻 第二百七十五手 弱点 : 氷室将介
オレは30手なんかじゃ投了図はみねぇ、絶対見ねぇよ……!!
オレが投了図を見る時は相手が一手指した時だ!!

二十六巻 第二百八十三手 欲望 : 氷室将介
将棋は目で指すんじゃねぇ…
耳で指すんじゃねぇ…
触れあって指すんだよ
……オレといい将棋が指したきゃよ、ヘタな小細工はやめて……
身体ごと
飛び込んでこいや!!

二十九巻 第三百十五手 愛というもの : 立原真由美
どうしよう…!!
氷室君のこと
…好きになった
…………!!

三十巻 第三百二十二手 カミカゼ : 氷室将介
オレは思うぜ、"愛"ってよ…闘うことだ。

…そう思う

生きてることを恐れずに…だ!!

三十巻 第三百二十五手 持将棋 : 佐伯宗光
いつからだろうか…
ホントにいつからなのだろうか……………
母親を…父親を
ひとりの人間としてしか見られなくなったのは
………………!!
いつからだろうか……
会話することがとても面倒になったのは。
……いつからだろうか……
本音を言うのが怖くなったのは………
いつからだろうか……
痛みを…人の痛みを感じなくなったのは……
いつからだろうか…… 愛を…………愛を信じなくなったのは。
………ホントに
いつからだろうか………
愛はいつもぼくの目の前にいるのに……!!

三十一巻 第三百三十手 春雷 : 滝川幸次
死んでください、……私のために。
あなたがこの世にいる限り、私は"人間"を毀形することができない……
あなたが死んでも私は決して悲しむことなく依存することなく、
名人として
真の…………
名人として
………

三十二巻 第三百四十五手 端歩 : 御神三吉
村木…!!
逃げてもムダじゃ!!
いくら逃げても必ず現れるわ!!
この…
わしの"歩"を継ぐ者が!!

三十二巻 第三百四十五手 端歩 : 氷室将介
そう言やぁ
じっちゃんが最後に言ってたな。
結局、勝負たぁガマン比べ…
水槽の中に顔を突っ込んでどっちが先に音をあげるか……
それが勝負だと。

おすすめ本詳細ページへ