HOME > おすすめ本:カテゴリー検索(小説)  /  50音検索(ア行) >  五木寛之の名言
おすすめ本:カテゴリー検索
おすすめ本:著者50音検索
書籍年間売上ランキング
今週のおすすめの一冊
おすすめ読書グッズ
文学賞の紹介
リンク

五木寛之

角川書店

P.76
  あじわう 、ということは、どんなささやかなことでも宝石に変えてしまう不思議な体験です。それを忘れていたのでは、一泊何十万円のデラックスな部屋に泊まっても意味がない。ぼんやりしていては時間はあっというまに過ぎてゆくのです。しかし、一日二十四時間のうち、どれだけ多くの時間をちゃんとあじわうかによって、一日は二十四分にもなり、また二十四ヵ月にも変わるのではないか。

P.88
 人に尽くす、あるいは、ボランティアをするときに大事なことは、これは人のために何かをしているんじゃなく、自分がそうせずにはいられないからするんだ、と考えることでしょう。そうすることによって自分の気持ちが軽くなるから、楽しくなるからするんだ、と自覚すること、それが大事なんじゃないだろうか。
おすすめ本詳細ページへ

幻冬舎

P.281
いまの学校教育は、精神的にも胸を張って背筋をのばして、元気で前向きということを強制します。めそめそする子、さびしがる子、暗い子はよくない。孤独癖のある子は、協調性がないといわれてしまう。協調性がないということは反面、個性があるということなのに、そういう変わった子供は、いじめの対象にされてしまう。
いじめの問題を、子供は本来、残酷だからとか、いじめによって淘汰されていくんだとか言う人がいるけれど、そうではない。あれは大人の社会の反映です。大人の社会が、元気な人間、明るい人間しか認めないという立場をとるから、そうでない人間を子供たちは攻撃するのではないか。
おすすめ本詳細ページへ