042回(2008) 浅田次郎 中原の虹 講談社
041回(2007) 宮部みゆき 名もなき毒 幻冬舎
040回(2006) なし なし なし
039回(2005) 北原亜以子 夜の明けるまで 深川澪通り木戸番小屋 講談社
038回(2004) 北方謙三 楊家将 上 PHP研究所
037回(2003) 原田康子 海霧 上 講談社
036回(2002) 伊集院静 ごろごろ 講談社
035回(2001) 宮城谷昌光 子産 上巻下巻 講談社
034回(2000) 高橋克彦 火怨 上 講談社
033回(1999) 白石一郎 怒濤のごとく 上 毎日新聞社
032回(1998) 皆川博子 死の泉 早川書房
032回(1998) 林真理子 みんなの秘密 講談社
031回(1997) 野坂昭如 同心円 講談社
030回(1996) 高橋治 星の衣 講談社
029回(1995) 津本陽 夢のまた夢 文藝春秋
029回(1995) 阿刀田高 新トロイア物語 講談社
028回(1994) なし なし なし
027回(1993) 田辺聖子 ひねくれ一茶 講談社
026回(1992) 陳舜臣 諸葛孔明 上 中央公論新社
025回(1991) 平岩弓枝 花影の花 大石内蔵助の妻 新潮社
024回(1990) 尾崎秀樹 大衆文学の歴史 上 講談社
023回(1989) 早乙女貢 会津士魂 新人物往来社
022回(1988) 永井路子 雲と風と」並びに一連の歴史小説に対して 中央公論社
021回(1987) 宮本輝 優駿 上巻下巻 新潮社
020回(1986) 井上ひさし 腹鼓記 新潮社
020回(1986) 井上ひさし 不忠臣蔵 集英社
020回(1986) 藤沢周平 白き瓶 小説・長塚節 文藝春秋
019回(1985) 古井由吉 終着駅 中央公論新社
018回(1984) 伊藤桂一 静かなノモンハン 講談社
017回(1983) 宮尾登美子 序の舞 上 朝日新聞社
016回(1982) 南条範夫 細香日記 講談社
015回(1981) 船山馨 茜いろの坂 上 新潮社
014回(1980) 黒岩重吾 天の川の太陽 上 中央公論新社
014回(1980) 渡辺淳一 遠き落日 上 中央公論新社
014回(1980) 渡辺淳一 長崎ロシア遊女館 中央公論新社
013回(1979) 吉村昭 ふぉん・しいほるとの娘 上 毎日新聞社
012回(1978) 杉本苑子 滝沢馬琴 上 文藝春秋
011回(1977) 池波正太郎 鬼平犯科帳」その他の業績に対して  
010回(1976) 五木寛之 青春の門 筑豊編 他 講談社
009回(1975) 城山三郎 落日燃ゆ 新潮社
008回(1974) 新田次郎 武田信玄」その他の業績に対して 文藝春秋
007回(1973) 水上勉 北国の女の物語」その他の業績に対して 講談社
006回(1972) 司馬遼太郎 世に棲む日日」その他の業績に対して 文藝春秋
005回(1971) 源氏鶏太 口紅と鏡」その他の業績に対して 新潮社
004回(1970) 柴田錬三郎 三国志 英雄ここにあり」その他の業績に対して 講談社
003回(1969) 川口松太郎 しぐれ茶屋おりく 講談社
002回(1968) 山岡荘八 徳川家康 講談社
001回(1967) 松本清張 昭和史発掘」その他の業績に対して